第8回 ハナムラチカヒロ氏 + 飯島ツトム氏 社会を変えるまなざしの力(2)

本質への忠誠

飯島

 橋本さんが始められた料理に関しても、グルメの話ではなく、生命の営みとして、素材や天の恵みを、どのように料理をして相手に提供するか、と考えれば本質への忠誠の話につながりますね。

 今の世の中は「何かおかしいんじゃないか」「このままだとまずいんじゃないか」と皆が感じられるところまで来ているんです。ですが、「我々は今、何をすべきか」ということに関しては今の社会が複雑になりすぎていて、見えなくなってしまっている。

 

 今までの教育とか社会の決まりごとが、私たちに「本質」を見えなくさせているのではないか?

 

CO-WORKS代表

飯島ツトム氏

 


 だから、一度、固定概念をフラット化し、組み立てをし直し、共有されることによって、何かちがったものが見えてくるかもしれない。「本質」を見出すには、どこかのタイミングでデコンストラクション(脱構築)をする必要があると思うのです。

 

 今このハナムラさんのアトリエはまさに「脱構築」を体現できる場がデザインされています。そういった装置をハナムラさんは個人で立ち上げているといった点で、今回のイノベーションのカタチを探る話にふさわしいと思います。

 

ーでは、どのように「脱構築」をしていくか、ということについてハナムラさんにお話を伺いたいと思います。

 

 

はじめにもどる << 1 2 3 4 5 6 7 9  >>