第7回 上條由紀子氏 「知的財産」を守る特許のプロフェッショナルが化学技術と社会をつなぐ担い手として、道を歩み続ける。(1)

時代に必要とされ、特許の現場からアカデミックの道へ

 上條由紀子氏が弁理士になった1990年代後半は、バブル崩壊後で国際競争力を維持発展させるためにもアメリカに倣い、プロパテント化(特許権による知的財産の保護を強くすること)の機運が高まっていたそうです。一方で、大学で研究された技術を産業界に生かすための環境づくりもこの頃から整備されつつあり、上條氏は、太陽国際特許事務所に所属しながらも、東京大学先端科学技術研究センターの特任研究員として、活動することになります。まずはその経緯についてうかがいました。

永岡

 弁理士として活躍されていながら、東大の先端研・研究員になられたのは、きっかけがあったのですか?

 

上條

 はい。まず時代背景として、その当時、「知的財産」に関する環境に大きな変動がありました。特許出願件数も年々増加し、プロパテントの機運が高まってきておりましたし、産業界と大学とがコラボレーションしながら新しい知を創造することが奨励され、環境整備が進んできておりました。アメリカでもかなり活発になっていましたしね。

上條由紀子氏


橋本

 アメリカの政策がそのように変わったのは、もとは80年代頃、世界では「Japan is NO.1」という評価が高まっていて、それをひっくり返すための戦略からきているんですよ。たとえば、グーグルはスタンフォード大学発の企業として代表的な例ですよね。

 

上條

 そうですね。アメリカの影響もあり、日本の政策として、大学の研究成果を社会に役立てるため、TLO(Technology Licensing Organization:技術移転機関)が設置され、産学連携が推進されるようになりました。そのような時期に、私は弁理士になり企業の知的財産を権利化するお仕事に携わってきました。しかしながら、特許事務所のお仕事では、明細書を作成して発明を権利化するまでのお手伝いはできるのですが、その後に権利化した発明が製品やサービスに活用され、商業化に至るところまでは見ることができませんでした。子どもにキレイな洋服を着せて小学校に入れたものの、そこで引き裂かれるお母さんのような気分なんです。それで、全体を俯瞰してみられるようなポジションに自分をおきたいと思うようになりました。

 

永岡

 全体をみるというと?

 

上條

 知的財産(アイデア)が生まれると、そのアイデアについて知的財産権法を用いて保護し、活用していくわけですが、その際には裁判等の紛争が発生することもあります。この知財の創造、保護、活用及び紛争対応に至る一連のマネジメントを行うことは、企業経営においても、大学経営においても必須です。そこで、私は、東京大学先端科学技術研究センターの渡部俊也教授の研究室に所属させて頂き、知財マネジメントについての研究に携わらせて頂くと共に、産学連携の研究にも取り組ませて頂きました。当時、北海道から沖縄まで、大学知的財産本部やTLOにヒアリング訪問させて頂き、知財本部とTLOとの役割分担などについても検討させていただきました。


 橋本さんにお会いしたのはちょうどその頃です。先端研の助手をやっておられた若手の方々が、「知的財産マネジメント研究会(SMIPS)」というものを立ち上げて勉強会を月1回、開いていたんです。産学連携や技術移転に関心のある方が、他大学からも集まるようになって、一種のコミュニティができあがっていきました。私もそのお手伝いをするようになって、そこに橋本さんも顔を出されていたんですよね。