第4回 川上浩司氏 日本の医薬品業界を斬る、若きエヴァンジェリスト 最年少、京大教授が成功への道しるべをしめす!(1)

バイト、選挙、ER。さまざまな現場を経験した学生時代

京都大学大学院医学研究科薬剤疫学分野において教授を務める川上氏は、33歳という若さで異例の教授就任を果たしました。この分野におけるエキスパートである川上氏ですが、その話を聞けば、才能と経歴だけによっていまの川上氏があるのではなく、20代のうちに濃密な時間を過ごし、積極的にいろいろな事にチャレンジし、実にさまざまな経験を積んできた事もある事がわかります。そして、いまは研究だけでなく、知識と経験に加え、若さと行動力で、日本における薬事行政や製薬業界再編という大事に向き合っています。まずはその学生時代からお話をうかがいます。

 

 


―――川上先生は医者の家系とお聞きしましたが。

 

川上

 そうです。それこそ江戸時代に遡るのですが、私の先祖は薩摩藩の家臣として、中国と薩摩藩に支配されていた琉球に赴き、当時の琉球政府を支援したと伝えられています。それ以後、沖縄との縁は深く、祖父は琉球政府立沖縄中部病院の院長を務めるなど、沖縄での医療に関わってきました。その後、父は横浜に移り、医院を経営しています。日本耳鼻科学会の理事を務めた父は、横浜市の耳鼻科健康診断の際に必要な滅菌処理について提案するなど、学校保健に貢献した事で、文部科学大臣表彰をいただきました。そうした家庭環境の中、私は何不自由のない子供時代を送り、中学高校一貫校を卒業し、筑波大学(医学専門学群)に進みました。

 

―――医者の道に進むには、中高一貫できてから、筑波大を選ばれたというのは珍しいですね。

 

川上

 いまもそうですが、日本の医療では東大、京大に権威があって、どうもそういうのは馴染まないという気がして、自分なりのやり方で医療の道を進んでみたいと思ったのです。筑波に行ったのはいまでも誇りに思っています。卒業後は医者になって、父の後を継ぐ事はわかっていましたし、継いだ後は、安定した生活が先にある事がわかっていました。それで学生のうちはいろいろな経験しようと思い、筑波ではアルバイトをやったり、あまり経験できない事に首を突っ込んだりしました。そのかわり、成績は相当、低空飛行でした。

 

 

―――なんでも政治にも関わったとか。

 

川上

そんな大袈裟な話ではないのですが、当時、茨城県のある村の村長選挙の際に立候補者の補佐をやりました。選挙戦に関わるうちに、そんな小さな自治体でも、さまざまな利権が絡み合っているのを知り、想像通りの政治の世界、というものがあるのを実感しました。

 

 地元の方からは、医師として(筑波に)残ってくれと請われ、医者不足に困っている地域医療の現実も知りました。そんな事から、この国の医療が、政治の問題だけでなく、社会制度の問題でもある事も知りました。

 

 

京都薬科大学

西河咲季


―――卒業後は筑波に残られたのですか?

 

川上

 いいえ。結局、筑波を出て、横浜の実家に戻り、横浜市立大学大学院(医学研究科頭頸部外科学)に進学しました。この横浜での2年はかなり忙しく濃密でした。平日は医師として病棟管理、手術、外来、外勤をし、平日の夜と当直のない土、日は研究するというハードな日々を送りました。この間は3ヶ月だけでしたが、休憩救急センター(ER)に行って救命救急の現場も経験しました。


 私の持ち場は熱傷センターだったのですが、ここでもいろいろな経験をさせていただきました。ERだけに、日々、さまざまな患者の方が運び込まれるのですが、ある時、全身熱傷で救急で担ぎこまれた方がいました。この方は、自分の意志で就職せず、税金を払わず医療保険にも加入していないような方だったのですが、そのような場合でも、医道として、月に1,000万円以上の税金を原資とする医療費が治療に使われるのです。私が思わず「いくら相互扶助とはいえ、これは本当に公平なんでしょうか」と思わず口に出してしまった時は、上司に胸ぐらを掴まれて「医者はブルーカラーだ。頭じゃなくて体を動かせ」と一喝されました。

 

 

―――まるでドラマのワンシーンですね。選挙にER。20代のうちにいろいろな事を経験されたんですね。