第3回 木田聖子氏 保育ビジネスには、保護者・保育士・経営者、3つの視点が必要。夢を追い続ける!ベンチャー・ドリーマーが語る(1)

ウェブカメラ! ICタグ? チャイルドハートはハイテク保育園!?

 チャイルドハートは、乳幼児の保育事業ならびに、教育の研究やインターネットを利用した乳幼児の保育・教育に関する情報の提供サービスなどの事業を行っているベンチャー企業です。


 特に保育にITを活かした新しいサービスを導入し、広く注目されています。

 

 それは同社が運営する保育サロンにあります。

例えば、明石海峡大橋を望む、優れた環境で開設されている舞子駅前保育サロンでは、ウェブカムを導入し、園内で過ごしている子どもたちの姿を動画配信し、職場や自宅などの離れた場所にいる保護者がいつでもリアルタイムで確認し、安心して子どもを預けられるしくみを提供しています。

 

 また、加古川駅保育サロンは、市役所や商業テナントが入居する駅近くのビル内という事もあり、人の出入りが激しい場所にあります。必ずしも安全とは言い難い場所がらから、ここでもユニークな取り組みをしています。子どもたちの衣服にICタグを取り付ける事で、園児が勝手に外に出てしまうとブザーが鳴り、保育士の携帯電話にも連絡が入る事で、子どもたちの安全を確保するというものです。

 

 なんとも大げさなと思う方もいるかもしれませんが、昨今、子どもたちが事件や事故に巻き込まれるケースを見る付け、保護者はもちろん、子どもを預かる側にとっては安全対策とリスク軽減の重要な取り組みと言えるでしょう。

 

 では、チャイルドハートはただのハイテク保育園なのでしょうか?
それはちょっと違うようです。どんな風に違うのか、チャイルドハートの代表取締役を務める木田聖子さんにお話をうかがい、木田さんがどのような事を思い、このチャイルドハートを起業したのか、まずはそこからうかがっていく事にしましょう。

 

 木田さんは、武庫川女子短期大学の初等教育課幼稚園課程を卒業した後、幼稚園に勤務し、その後、OLを経て結婚し、専業主婦を経験しました。


 1992年、個人事業主としてチャイルドハートクラブを設立し、2000年に株式会社チャイルドハートの代表取締役に就任し、現在に至っています。

 

―――まずはじめに、木田さんがなぜ、チャイルドハートを設立したか、その経緯についてお聞かせください。

 

木田

私はもともと幼稚園の先生でした。夢を持って、幼稚園の先生になった時は、こうしたい、ああしたい、という思いがありました。
ところがそこには、自分の夢とギャップがあって、挫折感を味わいました。

 

在学中、フューチャーラボラトリにインターンとして在籍

関西学院大学卒

真野絵里加


それでも1年間、耐えに耐えてがんばってみたのですが、
結局、辞めてOLに転職しました。その後、結婚して仕事を辞め、専業主婦になったんです。
3年間、主人と二人の子どもに囲まれ、専業主婦として、幸せに暮らしました。


 私自身は子どもは大好きですし、夕方になると子どもたちと主人を迎えにバス停に行ったり、いまでは考えられない程、ほのぼのした幸せな日々を送りました。

 

―――木田さんのママ姿が目に浮かぶようですね。

 

木田

 専業主婦の生活はそれこそ三食昼寝付きで幸せでした(笑)
ですが、同時にそうした日々の中で、“木田さんの奥さん”とか、“○○ちゃんのお母さん”と呼ばれて、私がなくなってしまうというか、心の中の自分というのを大事にしたい思っていました。
世間に認めてもらえない、なにかしたい、なにかしなければ、と感じて、3年間悶々として過ごす日々でした。

 

―――幸せな日々にいても、“自分の夢”が心のどこかに引っかかっていた。

 

木田

そうです。やっぱり、自分でなにかがしたい! 夢を追いかけたい! と思う気持ちがあったんです。それで、ついに一念発起して、自分でやってみよう!そう決心して、1992年に幼児教室を個人開業しました。これが「チャイルドハートクラブ」で、現在のチャイルドハートの前身になりました。教室も一気に5つまで増やして、100人ぐらいの子どもを集めて、順調に運営していました。

 

―――順風満帆のスタートだったのですね。そして、そのまま、いまのチャイルドハートに成長したんですね。

 

木田

ところがそうでもないのです。確かに7年間、ずーっと黒字でしたが、収益も横並びでした。
私には常にステップアップしたいという部分があって、やはりその時も、なにかもっと大きい事がしたい、と思っていました。いまでこそベンチャースクールのようなものはいっぱいありますが、1999年の当時はベンチャーの走りの時期で、神戸の商工会議所がはじめて起業塾*というもの開くというので、そこに参加したんです。
 
 その頃の私は、社長としてやっていくのとは全然違って、スタッフと一緒にトレーナーにジーパン姿で一緒に動いていました。経営のことなんかまったくわかりませんでしたので、そのベンチャースクールで、いろいろなノウハウや人脈を作って、お金も作って、ようやく2000年に、会社としてチャイルドハートを設立したんです。

 

※起業塾:神戸商工会議所が平成11年度より開講しているベンチャースクール「KCCI創業塾」のこと

 

―――起業することそのものが大変だった時代で、まして女性が起業するのは厳しかったと思うのですが、そうした中で、ご家族、特にご主人は起業についてどのような反応をされたのでしょう?

 

木田

 主人も当時から独立・起業したいと言っていまして、起業についてはいろいろと応援してくれました。
チャイルドハートという名称も主人と一緒に考えたんです。当時、主人はホテル勤務でしたので、平日、家にいることが多くて、チラシ配りとか、説明会のお手伝いなんかもしてくれたりしました。ただ、会社設立して忙しくなってからは、“開業しろとは言ったけど、社長になれとは言ってない”とか言ってますけどね(笑)実はこの1月に主人も土地家屋調査士として起業したんです。それも一月目から黒字で、ちょっと悔しいんです。私はとっても大変だったのに、全然、苦労してない(笑)

 

―――木田さんの夢に向けての行動が、いまのチャイルドハートにつながっているのですね。では、木田さんが“保育”をビジネスにしようとした理由をお聞かせください。

 

木田

正直なところ、私の中では、保育とビジネスはあまり結びついていないんです。

 

 自分がやりたい事がしたい、それで食べて行けたらいい、それでまわりの社員や、お預けいただいているお子さんやおかあさん方に喜んでもらえれば、それでいいと思うんです。そうやってきたことで、“気がついたらビジネスになっていた”という事で、こうして、こうやって儲けるという戦略のようなものがあった訳ではなかったんです。本当に自分がやりたい事、夢の追求のようなものです。

 

―――木田さんのその夢を追求する原動力ってどこから沸いてくるのでしょう?

 

木田

人って挫折を味わう事がバネになると思うんです。私の場合も、幼稚園に勤めた一年間に挫折を味わって、それがずっと心残りだったと思うんです。いまならこういう保育をしたい、私の子どもにならこういう保育をしたいという事がポイントになったと思います。それが夢につながったんだと思います。