第二回 竹林一氏 歩けば、自分のビジネスが見えてくる!!ビジネス、そして経営をデザインする、とは?(1)

人のやる気=モチベーションをうまく引き出すしくみを作ってみたい

グーパスは阪急電鉄をはじめとした関西圏の主要な鉄道会社や関東では小田急電鉄が採用しているモバイル情報サービスです。
鉄道の自動改札と連動して、乗客があらかじめサービス契約した定期券で自動改札を通過する際に、乗客の携帯電話のメールアドレスに駅周辺情報や指定した情報をメールで配信するもの。

 
 グーパスのシステムを活用したアンケートなどのマーケティングモデル、子どもの通過情報を取得送信するあんしんグーパスなどもあります。特に関西では生活密着型の情報サービスとして浸透しています。オムロン株式会社ICカード・モバイルソリューション事業推進室室長として、このグーパスを発案し、開発を指揮された竹林氏に、開発の現場から経営までさまざまなものを“デザイン”してきた経緯についてお話しいただくとともに、そこから得たどんなものを伝えようとしているのか、驚くようなエピソードとともにおうかがいしました。

 

竹林

竹林一の『一』はのばすんじゃなくて“はじめ”と読みます。
“たけばやし~”ではないので、よろしくお願いします(笑)

 

と、竹林氏は名刺を差し出しながら切り出し、
のっけから竹林氏のペースに引き込まれてしまった。
さらに竹林氏は畳み掛ける。

 

竹林

ホントのところは、この『一』をのばすという話は
ある関西の会社の窓口で“これはのばすんですか?”と聞かれまして。
それからネタに使わせてもらっています。以前はハイフンだと思われた事もあったし(笑)

 

とくったくなく笑う、
とても大企業の部長職とは思えないフランクな竹林氏の人柄
取材陣はすっかり呑み込まれてしまった。

竹林氏は京都出身。
デザインを志して美大に進もうとした事もあったが、コンピュータも芸術だな、と思い、システム開発の道に進み、オムロンを選んだという。

 

―――なぜ、オムロンを選んだのですか?

 

竹林

オムロンを選んだのは、自動改札やATM、信号といった社会に貢献するシステムを手がけている事が面白いと思ったからですね。ハードやソフトだけではなくデザイニングでいままでになかったような社会システムを構築したいと思ったんです。

 

 また大学での研究テーマがコンピュータでカウンセリングができるか、というものでしたので、その中で人のやる気=モチベーションをうまく引き出すしくみを作ってみたいと思ったのです。日本のエンジニアが元気でなくなってきていると思ってまして。エンジニアのモチベーションをどう高めるかが大事なんです。日本のエンジニアが自分のやりたい事を見つけてモチベーションを高めてほしい、そう思っています。
このふたつをオムロンソフトウェアで進めています。

 

―――具体的にこれまでオムロンではどのようなお仕事を手がけてこらたのでしょう?

 

竹林

 入社当初はソフトウェア開発を担当しました。流通系システム、海外のPOSやレジのプログラムを組んでいました。


次はシステムエンジニア。
イオンさん向けの流通システムをはじめ、鉄道システムやATMの後方ロボットシステムなどを手がけました。
ATMの中に余っているお金を後方で調整するロボットシステム、ビデオのレンタルマシンなんかもやりましたね。


また今流行の非接触型ICカードでビル内の照明などをコントロールするシステムを開発、自分自身で非接触型ICカードをコイルを巻いて作ったりと。

 

 その後は、プロジェクト・マネージャーの仕事が多くなりました。プロジェクト・マネージャーとしての最後の仕事がパスネットでした。

 

 それまで鉄道のシステムは各社個別に独立したものでした。
そこに各機能ごとに標準化された分散型サーバを提供するという構想をご提案、運賃管理のみ、収入管理のみ、機械管理のみ、とシステムを標準し各鉄道会社さまに共通のシステムを納入させていただきました。

 

 その結果、関東において大半のシステムを受注させていただいたソフトだけでも数千人月規模の開発量になりました。
そして上司からその開発リーダーをやれと言われまして。

 

―――数千人月規模のマネージメントですか。それはすごいですね。

 

竹林

 実は僕はその前に進めていたプロジェクトで失敗していたんですね。


 そんな人間にやらせるなんて、なにを考えているんだろうと思ったのですが、後に上司に聞いたところ、“一回失敗したら、二回は失敗しないだろ”と言われ、驚きましたね(笑)。

 

 この仕事はいままでやった仕事の5~6倍どころじゃない巨大なシステムで、それなりに心痛がありました。その時、上司がくれたアドバイスが映画の「八甲田山」を見ておけと。そこから自分自身、リーダーとしてどうあるべきなのかを学びました。

 

『八甲田山』
実話を元に描いた新田次郎原作の同名小説の映画化作品。
青森・八甲田山での厳冬の大規模演習において、大部隊が遭難する中、
自分の信念を貫く、高倉健が演じる主人公が率いる小隊のみが生還する物語。